2007年04月25日

5/24 公共サービス研究会

5.24 公共サービス研究会


【破綻したニュージランドの規制緩和を分析する!】


 規制緩和の成功国としてニュージランドが国際的に脚光を浴

び、日本からも各界の関係者が続々と訪問しました。そのニュー

ジランドが、数年前より規制緩和政策の見直しが進んでいること

を聞き、実態を調査する目的で、アジア太平洋労働者連帯会議

(APSWL)日本委員会(http://www.jca.apc.org/apwsljp/

の呼びかけにより、2月24日から3月5日にかけて12名が交

流団としてニュージランドを訪問しました。


 とりわけ郵政、国鉄、清掃(自治体)を中心に、銀行や病院な

どの労組や職場を訪問し、交流と調査を行ってきました。


 日本国内に於いても国鉄や電電などの公共事業が民営化され、

安全やサービス、労働条件の切り捨ての弊害もでていますし、郵

政の民営化や公務員職場の委託や非正規労働者への置き換えな

ど、さらに公的サービスの切り売りが行われようとしています。


 こうしたグットタイミングで報告会を開催し、公共サービス切

り捨てに対するオルタナティブな活動に役立てて行ければ幸いに

思います。多くの皆さんの参加をお待ちしています。


報告者
清掃 河津竜司・自治労公共サービス清掃労組書記長
鉄道 岩崎松男・鉄建公団訴訟原告団
郵政 棣棠浄・郵政ユニオン副委員長 
※ 映像報告もあります


日時 5月24日(木)18:30〜
会場 和泉橋区民館(神田佐久間町1−11)洋室C会議室
    ※「郵政労働者ユニオン」で予約しています
交通 JR秋葉原駅昭和通り口から徒歩2分
    都営新宿線岩本町駅から徒歩3分
    東京メトロ日比谷線秋葉原駅から徒歩1分
会費 500円


ATTAC Japan(首都圏)公共サービス研究会
http://public-service.seesaa.net/


posted by クッタア at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。