2006年10月26日

提訴3周年!10・17NTT反リストラ裁判闘争報告集会

img_140013_41348893_1.jpg


%%%


「昔、ド根性ガエルという漫画がありましたが、労働者はいくら弾圧されて

も、いくら圧殺されようとも雑草のように負けません。いくらコンクリート

で固めようとし、固めたとしても、雑草は、ボコボコとすきがあればどこか

らでもたちあがります。労働者というものはそういう雑草のようなもので、

いつでも、どこからでも立ち上がるものだと思います」。(原告団・古宮

正道明さんの「決意表明」より)


%%%


 先日、文京シビックセンターで開かれた「提訴3周年!10・17NTT

反リストラ裁判闘争報告集会」(主催:電通労組)に参加してきました。新

自由主義に真正面から挑もうという決意のあらわれた熱気あふれる集会でし

た。また、文章だけでは伝わりにくいかもしれませんが、原告団の古宮さん

の決意表明(古宮節)は、とても感動的でした。



 以下、電通労組のHPに載せられている報告記を紹介します。



 NTT反リストラ裁判は「見せしめ配転」の撤回をもとめて丸三年の闘い

の中、去る9月13日最終証人尋問で実質的な審理を終了し、あとは2月1

4日の結審に向けた最終準備書面提出と最終意見陳述を残すのみとなった。

9月29日には、原告全面勝訴の札幌地裁判決が出された。この勝利をテコ

に原告団と電通労組は、結審、判決に向けた最後のダメ押しの闘いを展開す

べく集会を開催したのである。


 冒頭、大内電通労組委員長は、裁判の経過と意義を説明、「NTT反リス

トラ闘争は、新自由主義に対する闘いであり、企業を超えた闘いが必要だ。

9・29札幌地裁判決を次につなげる闘いで、結審・判決における勝利を勝

ち取っていく」と挨拶。


 続いて日野電通労組書記長による基調報告。報告は、3年前提訴時にかか

げた裁判闘争の4つの目的・・@11万人リストラの違法性・不当性を暴き

出し「企業の横暴を許さない闘い」を社会的に創り上げること、ANTTリ

ストラは雇用破壊であり、労働者が人間として尊重され安心して働き続けら

れる社会的ルールを確立するための闘い、B新自由主義政策がもたらす公共

サービスの破壊との闘い、C労働者のための労働組合・労働運動を再構築し

ていく闘い、これらを再確認し、多国籍資本の横暴と対決するために国境を

越えて闘う労働者の団結と結合を創り出そう!と訴えた。


 小さな会場は、この時点でほぼ満席となった。基調報告を満場の拍手で確

認、次にこれまで裁判を支えてきた労組、団体から連帯の挨拶を受けた。最

初に挨拶に立った全労協藤崎議長の力強い激励をはじめ、田宮全統一委員

長、国労闘争団高橋氏、郵政労働者ユニオン須藤氏、N関労協議会平野事務

局長、神奈川県共闘竹内議長、ATTAC・JAPAN栗原氏より連帯の挨

拶をいただいた。最後に韓国山本労組キム・ヨンハ、ア・ウンテ、キョ・ウ

ンドク三氏の遠征団が登壇、闘争報告、支援を訴えた。


 集会のハイライト。韓国山本労組の遠征団に加え、原告団全員が壇上へ、

「電通労組の闘いの歌」(原曲メロディーは韓国「鉄の労働者」)をともに

合唱した。思わぬハプニングに会場も騒然。それにしても力強い歌声、実は

原告全員が2時間年休を取得、事前練習を行っていたのであった。


 弁護団アピールを原告最年長の古舘氏が代読。結審に向けた署名活動の呼

びかけを原告緒方氏、裁判経過の詳しい報告を原告成田氏が行った。最後の

極めつけは原告古宮氏による原告団決意表明である。


「日本では単身赴任が当たり前のようになっているが、このような仕事と家

族が離れ離れの生活など他の国ではとても考えられないものであり、この日

本における常識をくつがえすための闘いです」「非常な苦痛と、苦渋の決断

を迫られました。地元に残れば実質4割ちかくの賃金カット、そうでなけれ

ば東京。家族も含め非常な苦痛、苦渋の選択を迫られました。1月末までに

返事をしなければならないため、その年の正月は重苦しい正月だったことを

思い出します」

「私は、ただただ会社のやりかたは許さないという怒りだけで東京にきまし

た。パソコンもまったくできませんでしたので大変不安でしたがどっこい3

年間も生き延びています。これは、ここに結集された皆さんの支援があった

からやってこれたのだと思います」

「たしか電通労組を結成したとき、海燕のようになろうと言っていたことを

思い出しました。海燕は、嵐のなかでも自由奔放にスイスイととびまわって

います。・・・電通労組は、断固として闘いますので今後ともよろしくお願

いします。本日はたいへんありがとうございました」


 次々と飛び出す“古宮節”に会場の高揚は最高潮に達した。そこで首都圏

支部後藤委員長による「団結頑張ろう!」。会場がひとつになり、結審・判

決に向かう闘う意思は見事に固まった。


・ 基調報告前文
http://www.dentu-rouso.com/saiban/061017kichou.htm
・ 各団体からの連帯挨拶
http://www.dentu-rouso.com/saiban/061017renntai.htm
・ 弁護師団アピール
http://www.dentu-rouso.com/saiban/061017ben.pdf
・ 裁判闘争経過報告
http://www.dentu-rouso.com/saiban/061017saiban.htm
・ 原告団意志表明
http://www.dentu-rouso.com/saiban/061017komiya.htm


署名用紙
・ NTT東日本社高部社長宛
http://www.dentu-rouso.com/saiban/shomeiyousintt.pdf
・ 東京地裁民事11部佐村裁判長宛
http://www.dentu-rouso.com/saiban/shoemiyousisaibansho.pdf>



posted by クッタア at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。